読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はりこ~

検索貼り付けブログ。身勝手ながら基本は個人用の予定。

ついてる → 具体的に実行

口ぐせが人生を変える! 成功を呼ぶ「口ぐせ」の科学 佐藤富雄著 を読む:気に入った本:So-netブログ

私たちの脳は、古い脳(大脳辺縁系=動物脳 ⇒ 自律神経系)と新しい脳(大脳新皮質)があって、
(新しい脳) ⇒ (古い脳) ⇒ 自律神経を制御、行動
というように動かしているそうです。ここで注目すべきは、(古い脳)は、(新しい脳)から受け取る情報が「実際にあったこと」なのか「想像したこと」なのかの区別がつかないということです。
つまり、考えたこととそれに対する体への影響は、以下のようになります。

「ああ、嫌だ」「もうダメだ」悲しいこと、苦しいことを考える ⇒ 涙が出る、体にストレスがかかる
「なんて素晴らしいんだ」「幸せな毎日だ」楽しいこと、ワクワクすることを考える
⇒ 気分よくなる、元気がみなぎる

つまり、実際には違っていても「幸せな毎日だ」と口に出して、想像すると体がそれに反応して元気になるということです。このような口ぐせに関しては、よく考えると私たちも経験的に知っていることです。
例えば、自分の部下に「自分にはできない」「やっても無駄」ということが口ぐせのA君と「自分ならできます」「トライしてみましょう」という口ぐせのB君がいたとしたら、大事な仕事をどちらの部下に任せるでしょうか?答えは明らかでしょうし、実際に仕事の結果もそうなっているでしょう。

よく言わるように心と体は連動しています。「悲しいから泣くのではなく、泣くから悲しいのだ」という言葉もあります。逆に悲しい時でも、笑う(口角を上げるだけでも)と気持ちが晴れてくると言われています。

ここまで分かっているのであれば実行するしかありません。(^^)
毎日、良いことを口に出しましょう!

自分にはできる!
自分は美人だ!
なんて自分は幸せなんだ!