読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はりこ~

検索貼り付けブログ。身勝手ながら基本は個人用の予定。

マスコミ情報、特に芸能関係とか

これは確かにそうであって・・・・。

どう考えても、一般人にとっては芸能人の動向なんて、ほぼ関係ないわけです。

 

しかしそれら情報を完全無視してると、

普通の世間話的に困るといった事態になったりしなくもない。

 

難しいところですね。

 

ところで今回のSMAP騒動は、マスコミの構造や

 

事務所含めた利権構造や各メンバーのドロドロな要素含めた人間性が

 

露呈してしまって・・・・結構学ぶこと多かったように思いました。

 

芸能関係ってのは、そういった汚い部分を含む「人間性」含めて

 

観察できるので、そういう意味で価値あるのかもね。

 

 

「自分事の重大事」VS「他人事の関心事」(やましたひでこ) - 個人 - Yahoo!ニュース

関心事

重大事

自分事

他人事

影響なし

影響あり

さてさて、話題を集める芸能界のネタ。好感度ナンバーワン女性タレントさんの不倫騒動(?)いえ、一途愛(?)の次は、国民的アイドルグループの解散騒動(?)ならぬ分裂劇(?)。これらは、普段、芸能ニュースにチャンネルを合わせることのない私のような者も含めて、多くの人の関心事になるわけで。

もちろん、それらの真相はどこにあるのか知るよしもないけれど、まるで自分がすべてを目撃してきたかのように語る知人の解説に、ひとしきり熱心に耳を傾けてしまったりもするもの。その結果、

へぇ~

ふ~ん

はぁ~

ああ、そういうことなの…などと同意までして、ひどく好奇心を満足させながら、たわいのない時間を過ごすことになる。

ところでまた、一人で見入ってしまったツアーバスの重大事故ニュース。10数名にも上る、前途ある若者があっけなく命を落としてしまった惨事。痛ましく、悲しく、やり切れない思いで胸がいっぱいになるけれど、テレビの画面から離れれば、瞬時にいつもと同じ自分に返るもの。それで、ご飯が喉を通らなくなることはないですね。

なんとしても

ぜひとも

かならず

そんな思いで事故の原因の真相究明を求めるのは、やはり関係者、自分事の人たち。実のところ、家族、友人が巻き込まれていないのであれば、遠くの他人事としてやり過ごしてしまうのが常。

私たちは、いったい、

関心事と重大事

他人事と自分事

どちらに、時間を費やすのか。

どちらに、エネルギーを使うのか。

もちろん、それは「自分事」の「重大事」に決まっているのだろうけれど、問題なのはその次。なんとなく費やしている時間、いつの間にか使っているエネルギーのほとんどは、「他人事」の「関心事」。

そうですね、冒頭の芸能ネタは、どこまでいっても他人事の範疇。誰が誰を好きでいようが、誰が誰と活動を共にしようが、当事者の問題であり、無関係な私たちには実はどうでもいいこと。けれど、そのどうでもいいはずのことが、まるでそれに囚われてしまったかのように、心を占める関心事となるのです。事実、この芸能ネタが国会答弁にも登場したと聞くに及んで、驚く以上に、その影響力の大きさは油断ならぬものと心しなくてはと思わずにいられない。

だからこそ、もうひとつ考えておかなくてはならないことがある。

他人事の関心事から自分はどんな影響を受けているのか、検証することの大切さ。

おそらくこの影響の検証は、平たく言い換えるならば「私たちには、人のうわさ話に終始している時間もエネルギーもない」という結論を導き出すに違いない。

けれど何故だか、私たちは他人事の関心事に絡めとられる。そして、絡めとられていることさえ無自覚なままで人生をやり過ごす。

いえいえ、もしかして、こんなことをテーマにして、こんな記事を書いているこの私が一番、影響を受けているのかも知れない。だとしたら、今の私の一番の「自分事の重大事」は、「他人事の関心事」の断捨離!となりますね。

いやはや。