読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はりこ~

検索貼り付けブログ。身勝手ながら基本は個人用の予定。

引退の辞

 >「ロッカールームに忘れ物は何もない。それが1番誇りに思えること。プロテニス選手としての人生で、100パーセントを出し切った。」と来月で35歳になるヒューイットが試合後に想いを述べた

 

 

 かっこいいね。

 コートマナーの悪さで目立ってたそうですが、

 最後の言葉は綺麗に決めてるようです。

 

 攻撃性があったほうが、言葉は鮮やかになったりするようですしね。

 

 トップ選手の大型化が進むプロテニスではもう

 180cmのランキング一位ってのは、当分出てこないかな。

 

 しかしその非難されたりもしたコートマナーのひとつは

 今や割りと普通にもなってるようで・・・

 

  では最後に、その流行らせた雄叫びを

 

 

       「カモ~~~~ン!」

 

 

 

 

headlines.yahoo.co.jp

テニスのグランドスラムである全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)は21日、男子シングルス2回戦が行われ、今大会を最後に引退を表明している元世界ランク1位のL・ヒューイット(オーストラリア)は第8シードのD・フェレール(スペイン)に2-6, 4-6, 4-6のストレートで敗れ、シングルスでの現役生活に終止符を打った。

錦織ブロックのシード敗退

今回の全豪オープンで20年連続の出場だったヒューイットは、全てを出し切ったとテニス人生を振り返った。

「ロッカールームに忘れ物は何もない。それが1番誇りに思えること。プロテニス選手としての人生で、100パーセントを出し切った。」と来月で35歳になるヒューイットが試合後に想いを述べた。

1997年に初めて全豪オープンに出場したヒューイットは、16歳でツアー初優勝を飾り、20歳で世界ランク1位へ上り詰めた。試合が終わると自身の3人の子供達がヒューイットのもとへ集まった。

ヒューイットはコート上でのインタビューで、家族やコーチのT・ローチ(オーストラリア)に感謝の言葉を捧げた。

「ローチ、あなたのことが大好きだった。」

そして、自身のファンにも感謝の気持ちを表し「ここは現役生活を終える完璧な場所だと感じている。コートでは鳥肌が立っていた。」と加えた。

2001年の全米オープングランドスラム初優勝を飾り、翌年のウィンブルドンでも優勝したヒューイット。地元開催の全豪オープンでは2005年の準優勝が最高成績で、その時はM・サフィン(ロシア)に敗れた。オーストラリア人選手が最後に全豪オープンで優勝したのは1976年までさかのぼる。